高輪ゲートウェイ駅 パナソニック株式会社

開業前の高輪ゲートウェイ駅の写真を、パナソニック様の空間ソリューション紹介ウェブサイト用に撮影させて頂きました。

東日本旅客鉄道株式会社 高輪ゲートウェイ駅 – パナソニック

季節、時間帯、天候に応じてLED照明の調光調色調御を行うシステムを、JR東日本のホーム照明として初めて導入した事例として、

高い位置にある照明に焦点を当てた撮影を想定し、IT-HAS(IT-High Angle System)を導入して撮影致しました。

通常の目線では不可能な最大7.5mのハイアングル撮影が可能で、

手元でリアルタイムにモニタリングしながら、アングル決めができるのが特徴です。

屋内の大空間やドローンを飛ばすにはリスクが多い場所で、最大の威力を発揮します。

パナソニック様の当該ページでも、目的に応じた手法で撮影したカットを多数、ご使用頂いております。

ITイメージングでは、様々な撮影に対応できるよう、日頃から新しい撮影方法を模索し、導入しております。

ご興味ありましたら、お気軽にご連絡ください。

高輪ゲートウェイ駅 ホーム照明 三脚使用
開業前の高輪ゲートウェイ駅夕景 IT-HASの使用で、改札階から7.5mのハイアングルで撮影

トップページに戻る

関連記事

  1. ドローンによる東京国際クルーズターミナルの定点撮影

  2. 東京都心部でドローン撮影をしました!

  3. 相模原市でドローンの撮影をしました!

  4. 中央区京橋でドローンの撮影をしました!

  5. 新庁舎イメージ

    岡山市新庁舎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP