自分たちの子供が撮影に参加した話

去る9月の休日、いつもとは一風変わった人物入りの撮影をした。

人物入りの撮影はやっていると楽しくなり、私の好きな撮影であるが、

この日は撮影モデルに家族を起用するという、私には初めてのものであった。

私の妻は仕事で不参加であったが、我が家からは息子2人が参加した。

長男は8歳ということもあり、初めから割と淡々と受け入れて当日を迎えていた。

3歳11ヶ月の次男は、父親の仕事の手伝いと聞いてかなり前から意気込んでいた。

その為か、彼は早朝4時に自ら目を覚まし、彼なりに準備をしていたし、

普段は車に乗ると寝てしまうところ、自宅の埼玉から撮影場所の山梨の道中ではずっと起きていた。

それくらい気が張っていたのだろうと思う。

設計者、撮影者の家族が自由に歩く撮影シーンの1コマ

撮影内容は、新たに造営された広場で人々が自由に集い、憩うシーンを狙うものであった。

息子たちの他には、弊社代表の家族(夫人、娘さん)、ご依頼主である設計者の家族が参加した。

自由にさせていても十分勝手に動く年頃の子供達ではあったが、

して欲しい人の動きなどは、シーンごとに指示を出す必要があったので、

息子たちにも、「カメラがここまで来たら合図をするので、向こうに移動して」のように、

普段の大人のモデルさんの撮影でするような指示をしてみた。

すると長男が、あまり指示内容を把握できていない次男をリードするように動いてみせた。

8歳ともなると撮影というものを理解して、あくまで自然を装うこともするのか、と

私は自分の立場も忘れて感心してしまった。

そんなこんながあって、無事に撮影はクランクアップを迎える事が出来た。

子供達にとって、自分の親が仕事をする姿というのを目にする機会は少ないだろう。

その一片でも見せる事が出来たのなら、この上ない喜びである。

そしてそれ以上に、その日その瞬間の家族の姿を記録できたということが、

撮影した素材を眺めている今、価値あるものだったと思うのである。

これは私たちの仕事である写真、映像で記録するという事の原点であり、

建物やランドスケープ、そしてそこに写る人の「今」を「未来」に残す意味、

それを初心に帰って考えて、より楽しく有意義に仕事をしていきたいと思える出来事であった。

撮影を終えて帰路についた次男は、3分で眠りにつき、家に着くまで夢の中であった。

今回の話の動画

IT徒然草 一覧に戻る

関連記事

  1. 相模原市でドローンの撮影をしました!

  2. ドローンによる東京国際クルーズターミナルの定点撮影

  3. 自分たちのミュージックビデオを作った話

  4. 中秋の名月

    容姿と印象

  5. YouTubeチャンネルを開設しました!

  6. 中央区京橋でドローンの撮影をしました!

  7. 東京都心部でドローン撮影をしました!

  8. 高輪ゲートウェイ駅 パナソニック株式会社

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP